それぞれの立場から意見を言えるようにする

家を和風にするのか、洋風にするのか、自身の嗜好に合わせて選ぶことができます。また、良いとこ取りもできるので、どちらかだけしかダメだと諦める必要はありません。三世代家族で生活をしたり、二世帯住宅を計画していたりするのであれば、祖父母は和風でな内観でモダンな感じに仕上げて、子供世帯は、洋風を中心にできます。共同空間は、話し合って決めていくことになります。長年、同居をしていれば、言いたいこともある程度は言えるようになっている可能性はありますが、結婚生活すぐであったり、親世代が資金を出していると、言いたいことも言いにくくなってしまいます。パートナーが言いにくしていたら、くみ取って、親世代に伝えるようにします。嫁や婿が口を挟むよりは、子供が直接口を挟んだ方が角が立ちにくいです。

自分達だけ細々としたリフォームができる

世代によって、家への求めている機能が違います。高齢者となってきた親世代には、ちょっとした段差も登り降りが大変になってきます。バリアフリーにすることで、将来歳をとっても生活しやすくします。住みやすい環境を維持することで、外出にも積極的になり、自分達のペースで生活をしていけます。子供世代や孫世代にも、迷惑かけずに生活していけます。その際には、本格的なリフォームではなく、日曜大工的なリフォームにて、和風の内観をモダンから別の感じへとリフォームしていくことで、もっと住みやすい環境に近づけていけます。最近では、壁紙であっても、素人でも簡単に張ることができます。しかも、一度張った壁紙も簡単に剥がすことができ、失敗を恐れずに挑戦できます。

リノベーションという方法の選択

モダンな内観も、お金をかけずにリフォームができます。しかし、お金をかけることで、もっとできることもあります。どうして、当時主流だったものでも、時間の経過によって古臭くなってしまいます。リノベーションなら、それらをもおっと根本から改革できます。イメージ先行で足した機能も、実際利用しないことも多く、無駄になっていることもあります。それらを踏まえてリノベーションをすると失敗しなくなります。拘りをたっぷり注ぎ込めることも、リノベーションの良い処です。空間内で実現できることをピックアップしていき、最終的な施工方法を決定していきます。家だけではなく、マンションの一室をリノベーションする人も増えており、中古マンションも甦ります。

ガレージハウスや二世帯住宅など、こだわりから誕生した施工事例も多数掲載しています。 お問い合わせフォームより、簡単入力で資料請求も承っています。 ライフスタイルに合ったデザイン性の高い設計をご提案できます。 スタッフの日常やお客様宅をご紹介しているブログも公開しています。 おしゃれなデザイナーハウスなら、ポウハウスにお任せください。 家に和風テイストを取り入れたいならポウハウスへ

記事一覧